Git

Git for WindowsのGit guiでDisplay limitが出るときの対処

投稿日:

概要

Git for windowsをインストールしてGit GUIを立ち上げたところ、次のようなメッセージが出たので対象法についてメモする。

原因

どうやらGit for windowsをインストールしてスタートメニューからGit GUIを開いたときにデフォルトの作業フォルダがHOME(ユーザディレクトリ)になっており、Gitの変更管理対象がこのHOME配下の全てのファイルになってしまっている様子だった。

Unstaged Changesのタブに大量のファイルが見つかっている。

対所法

Git GUIの作業フォルダを変更します。

まず以下のフォルダに移動します。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Git

Git GUIのショートカットメニューを右クリックしてプロパティを開きます。

以下を[右クリック]→[プロパティ]

以下の枠部がHOMEパスが指定されています。

これを任意のGitで管理したいフォルダに変更します。

確認

変更後に再度ショートカットから起動すると、実際に管理したいフォルダで立ち上がりました。最初に出ていた警告も出なくなりました。

-Git

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GitBucketをWindowsへインストールしてログインまで

Contents1 目的2 環境3 Step 1 : GitBucketのダウンロード4 Step : 2 OpenJDKのダウンロード5 Step : 3 GitBucketのインストール6 Ste …

WindowsでGUIを使ってGitBucketにpushするまで

Contents1 概要2 環境3 Step 1 : クローンの作成4 Step 2 : pushする4.1 ファイルを作成してscanする4.2 ステージングする4.3 Commitする4.4 Pu …

WindowsでSourcetree &GitBucketを使う

Contents1 概要2 Step1 : Sourcetreeのインストール2.1 登録画面2.2 ツール選択2.3 ユーザ情報2.4 Step2 : リポジトリ指定 概要 ローカルで使用できるGi …

言語切り替え

カテゴリー