Git

GitBucketをWindowsへインストールしてログインまで

投稿日:2020年6月23日 更新日:

目的

Gitリポジトリ管理ツールであるGitBucketをWindows10へインストールする手順についてまとめる。

環境

Windows10
GitBucket version 4.33.0
OpenJDK 8

Step 1 : GitBucketのダウンロード

以下から、gitbucket.warをダウンロードします。この例では4.33.0をダウンロードしました。

https://github.com/gitbucket/gitbucket/releases

任意の場所にフォルダを作成し、gitbucket.warを格納します。ここでは以下C:\gitbucketの中にgitbucket.warを格納した場合で説明します。

Step : 2 OpenJDKのダウンロード

GitBucketの動作にはJDK 8が必要になります。そのため、以下からOpenJDK 8をダウンロードします。

http://jdk.java.net/java-se-ri/8-MR3

ダウンロードしたら、解凍し、先ほど作成したc:\GitBucketフォルダへ配置します。

Step : 3 GitBucketのインストール

OpenJDK8を使用して、gitbucket.warからインストールします。上記で説明した配置の場合、コマンドプロンプトで以下を実行します。

> cd C:\gitbucket\openjdk-8u41-b04-windows-i586-14_jan_2020\java-se-8u41-ri\bin
>java -jar C:\gitbucket\gitbucket.war

この際、Windowsファイアウォールの許可を求めるウィンドウが現れると思いますので、リモートからアクセスする場合は適切なプロファイルに対して許可を行います。

Step 4 : アクセスして確認

クライアント端末でブラウザを起動し、http://<IP or host名>:8080へアクセスします。下のようなGitBucketの画面が現れれば無事にサーバーが立ち上がっています。

なお、デフォルトの管理者ユーザはID:root / Password:rootになっています。

まとめ

簡単にサーバー立ち上げまではできましたが、上記の状態ではH2データベースを利用した試用環境のため、がっつり使用する場合は別途PostgreSQL等のRDBMSとの接続を行ったほうが良いと思います。

-Git

執筆者:


  1. […] GitBucketをWindowsへインストールしてログインまで […]

  2. […] GitBucketをWindowsへインストールしてログインまで […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WindowsでGUIを使ってGitBucketにpushするまで

Contents1 概要2 環境3 Step 1 : クローンの作成4 Step 2 : pushする4.1 ファイルを作成してscanする4.2 ステージングする4.3 Commitする4.4 Pu …

WindowsでSourcetree &GitBucketを使う

Contents1 概要2 Step1 : Sourcetreeのインストール2.1 登録画面2.2 ツール選択2.3 ユーザ情報2.4 Step2 : リポジトリ指定 概要 ローカルで使用できるGi …

Git for WindowsのGit guiでDisplay limitが出るときの対処

Contents1 概要2 原因3 対所法4 確認 概要 Git for windowsをインストールしてGit GUIを立ち上げたところ、次のようなメッセージが出たので対象法についてメモする。 原因 …

言語切り替え

カテゴリー