Git

WindowsでSourcetree &GitBucketを使う

投稿日:

概要

ローカルで使用できるGitのバージョン管理システムとしてGitBucketがあります。

GitBucketのWindowsへのインストール方法はこちら

このGitBucketを使う上でローカル側のGitツールとして、GUIベースのSourcetreeがあります。

今回はこのSourcetreeをWindowsにインストールして、GitBucketのリポジトリを取り込むところまでを紹介します。

Step1 : Sourcetreeのインストール

以下のSourcetreeのサイトからWindowsのインストーラをダウンロードします。

https://www.sourcetreeapp.com/

ダウンロードされたexeファイルを実行します。

登録画面

実行すると、最初にRegistration画面が現れます。Bitbucketを使用する場合はここで登録するが良いと思いますが、今回はローカルのGitBucketを使用するので、スキップを選択します。

ツール選択

続いてダウンロードするツールを選択します。バージョン管理システムとしてGitとMercurialがデフォルトで選択されていますが、今回はGitのみを使用するので、Mercurialのチェックは外しておきました。

また、詳細オプションとして改行の自動処理を設定する(推奨)は選択しておくことにしました。

ユーザ情報

次にユーザ情報を設定します。ここで入力したときは、GitBucketのリモートリポジトリにpushした際に、更新者として表示される情報になります。

最後にポップアップで「SSHキーを読み込みますか」と現れましたので、今回は「いいえ」を選択しました。

以上でインストール作業は完了です。

Step2 : リポジトリ指定

GitBucketにログインしSourcetreeでクローンを作成したいリポジトリを開き、URLをコピーします。リポジトリを表示した右上のURLの右側のボタンでワンクリックコピーできます。

次にSourcetreeを開き、Cloneタブを開きます。

まず最初に一番上のフィールドにGitBucketからコピーしたリモートリポジトリのURLを入力します。2つ目のフィールドはCloneを作成したい任意のフォルダを選択します。

入力したら[クローンボタンをおします。]

すると設定したフォルダにローカルリポジトリが作成され、無事にクローンの作成が完了です。あとはローカルリポジトリで作業し、Sourcetreeからcommitやpushなどが行えます。

-Git

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GitBucketをWindowsへインストールしてログインまで

Contents1 目的2 環境3 Step 1 : GitBucketのダウンロード4 Step : 2 OpenJDKのダウンロード5 Step : 3 GitBucketのインストール6 Ste …

Git for WindowsのGit guiでDisplay limitが出るときの対処

Contents1 概要2 原因3 対所法4 確認 概要 Git for windowsをインストールしてGit GUIを立ち上げたところ、次のようなメッセージが出たので対象法についてメモする。 原因 …

WindowsでGUIを使ってGitBucketにpushするまで

Contents1 概要2 環境3 Step 1 : クローンの作成4 Step 2 : pushする4.1 ファイルを作成してscanする4.2 ステージングする4.3 Commitする4.4 Pu …

言語切り替え

カテゴリー