Rundeck

RundeckのDBにPostgreSQLを使用する

投稿日:2020年4月6日 更新日:

目的

RundeckのマニュアルにPostgreSQLとの接続が可能と書いてあるので試す。

環境

  • Windows10
  • OpenJDK8
  • Rundeck 3.1.0
  • PostgreSQL11

PostgreSQLの準備

posgreSQLのページからWindows版のPostgreSQLをダウンロードします。

https://www.postgresql.org/

今回はPostgreSQL 11を選択しました。
ダウンロードしてインストールします。インストール時に特別なことは必要ないのでここでは詳細は省略。

JDKの準備

Rundeckを動作させるためのJDKの準備をします。openJDKのページからjdk8をダウンロードします。

https://jdk.java.net/java-se-ri/8-MR3

落としたzipファイルを適当な場所に展開します。今回はCドライブの配下にRundeckというフォルダを作成し、展開したフォルダを配置しました。

配置先
C:\\Rundeck

環境変数パスにjdkのbinを設定してもいいですが、今回はRundeckを動作させるときにjava.exeまで移動して動作させようと思いますので、特に設定しません。

Rundeckのダウンロード

Rundeckのwarファイルをダウンロードします。こちらも先ほど作成したRundeckフォルダに配置します。

配置したら、コマンドプロンプトで以下を実行します。

cd C:\Rundeck\openjdk-8u41-b04-windows-i586-14_jan_2020\java-se-8u41-ri\bin
java -jar C:\Rundeck\rundeck-3.1.0-20190731.war

実行後、以下のような出力が出ればOKですので、いったんコマンドプロンプトを閉じます。

Configuring Spring Security Core ...
... finished configuring Spring Security Core
…
Grails application running at http://<computer_name>:4440 in environment: production

PostgreSQL設定

postgresql側でrundeck用のユーザをつくります。スタートメニューからSQL Shell(psql)を選択して開きます。

開いたらpostgresqlをインストールした際に設定したsuperuserのパスワードでログインし、rundeck用のdatabaseをcreateします。

create database rundeck;

続いて、rundeck用のユーザを定義し、作成したrundeckデータベースへの権限を付与します。

create user rundeckuser with password 'rundeckpassword';
grant ALL privileges on database rundeck to rundeckuser;

以上でPostgreSQL側の設定は完了です。

RundeckとPostgreSQLの接続設定

先ほどjava -jarでrundeckのwarファイルを実行した際に、C:\\Rundeckフォルダ内にいくつかフォルダが作成されています。C:\Rundeck\server\config の中にrundeck-config.propertiesファイルというものがありますのでこれをテキストエディタなどで開き、以下の通り書き換えます。

#以下の行をコメント化
#dataSource.url = jdbc:h2:file:C:/Development/00_local/rundeck/server/data/grailsdb;MVCC=true

#以下の4行を追加
dataSource.driverClassName = org.postgresql.Driver
dataSource.url = jdbc:postgresql://localhost/rundeck
dataSource.username=rundeckuser
dataSource.password=rundeckpassword

保存したらエディタを閉じます。これでrundeck側の設定も終了です。

Rundeckの起動

再度以下のコマンドをコマンドプロンプトから実行します。バッチファイル化しておくと便利です。

cd C:\Rundeck\openjdk-8u41-b04-windows-i586-14_jan_2020\java-se-8u41-ri\bin
java -jar C:\Rundeck\rundeck-3.1.0-20190731.war

その後ブラウザでhttp://<computer_name>:4440にアクセスするとログインページが立ち上がります。初期パスワードadmin/adminでログインできれば、無事立ち上げ完了です。

注意事項

JDKのバージョンによってはうまく立ち上がらない場合があります。途中でエラーなどでたらjdkのバージョンを変えて試してみてください。

-Rundeck
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RundeckをCentOS7へインストール

Contents1 目的2 環境3 Step1 : JDKのインストール4 Step2 : Rundeckのインストール5 Step3 : Rundeck 設定ファイル変更6 Step4 : ファイヤ …

RundeckをWindowsにインストール

Contents1 目的2 環境3 Step1 : JDKのインストール4 Step2 : Rundeckのインストール5 ログイン6 まとめ 目的 使いやすいジョブスケジューラのRundeckですが …

Rundeck のデータベース設定(MySQL)

Contents1 目的2 環境3 MySQLのインストール4 RDB Datasourceの設定5 注意点 目的 ジョブ管理ツールのRundeckはデフォルトでH2 Databaseが組み込まれ、こ …

【Rundeck】SSL証明書の自動更新

Contents1 目的2 Projectの作成3 ジョブの作成4 結果 目的 無料で使えるSSL証明書のLet’s Encryptは大変ありがたい存在です。ただし、この証明書は3か月で期限が切れます …

Rundeck(Windows環境) へLANからのアクセス許可設定

Contents1 目的2 環境3 Step1 : rundeck-config.propertiesの編集4 Step2 : framework.propertiesの編集5 Step3 : Win …

言語切り替え

カテゴリー