ReadyNAS

NetGear ReadyNASへsubversionをインストールする

投稿日:2021年3月31日 更新日:

概要

ReadyNASにはプラグイン的にインストール可能なアプリの中に集中管理型のバージョン管理システムであるSubversionがあります。わざわざLinuxのサーバーを立てなくてもsubversionが使えるというのはメリットがあります。今回はこのSubversionをインストールする方法について紹介します。

環境

ReadyNAS 212
ファームウェア 6.10.4 Hotfix1

Step 1 : subversionのインストール

ブラウザからhttp://[ホスト名 or IPアドレス]/admin/index.htmlへアクセスし、ReadyNASの管理ページを開きます。

[アプリ]タブから[利用可能アプリ]を選ぶとsubversionがありますのでインストールをクリックします。

インストールが完了すると[インストール済みアプリ]にsubversionが現れます。ONや起動ボタンなどは非活性になっていて選択できない状態ですが、これは問題ありません。

以上で、インストールは完了です。

Step 2 : リポジトリ作成

Step1でアプリのインストールは完了しましたが、ReadyNASの管理ページからではsuvbersionの各種設定は行えません。そのため、この先はReadyNAS OSにSSHでアクセスして作業が必要になります。SSHでのアクセス方法については下記で説明していますので参考にしてください。

早速SSHでReadyNASにログインします。suvbersinがインストールできているかは以下のコマンドで確認できます。

svn --version

続いてsubversionでリポジトリとして使用するディレクトリを作成していきます。

make /data/svn
svnadmin create /data/svn/repository

ここで注意点として、最初にしっかりとmake /data/svnでディレクトリ作成しておくことが重要です。
私の環境ではいきなりsvnadmin createすると以下のエラーがでました。

svnadmin: E000002: Repository creation failed
svnadmin: E000002: Could not create top-level directory
svnadmin: E000002: Can't create directory '/data/svn/repository': No such file or directory

svnadmin createを実行したら、/data/svn/repositoryの中を確認してみます。以下のようなディレクトリとファイルが出来上がっていれば成功です。

Step 3 : configファイル類の設定

svnserv.confの編集

/data/svn/repository/conf/svnserv.confを編集します。以下の3つがデフォルトでコメントアウトされているので、活性化させます。read/writeの権限は適宜設定します。これにより、外部からのアクセスを受け付けるようになります。

[general]
anon-access = read
auth-access = write
password-db = passwd


vi /data/svn/repository/conf/svnserv.confで編集してもいいですが、NASはせっかくファイル共有ができるので、windows端末から開いてエディタで編集すると楽です。

passwdの編集

続いて/data/svn/repository/conf/passwdファイルを編集します。ここではユーザ名とパスワードを設定します。

[users]	
user1 = password1

以上でconfig関連設定は完了です。

Step4 : サービス登録

/etc/systemd/system/svnserve.serviceを作成します。こちらもvi /etc/systemd/system/svnserve.serviceで作成してもいいですが、Windows上でテキストファイルを作成し、ファイル共有で配置した方が楽です。

svnserve.service内には以下のように記述します。

[Unit]
Description=SVN Server
After=network.target
    
[Service]
Type=forking
PIDFile=/run/svnserve.pid
ExecStart=/usr/bin/svnserve -d -r /data/svn/ --pid-file /run/svnserve.pid
    
[Install]
WantedBy=multi-user.target

svnserve.serviceをサービス登録します。

systemctl enable svnserv
systemctl start svnserv

以上でサービス登録は完了です。

Step 5 : 確認

あとはsuvbersionのクライアントツールでアクセスして確認してみます。

svn://[ホスト名 or IPアドレス]/repository

以下はTortoiseSVNの例です。

参考にしたサイト

NetGear Community
https://community.netgear.com/t5/ReadyNAS-Storage-Apps-Current/subversion-configuration/m-p/860158#M1163

NETGEAR READYNASはこちらから

-ReadyNAS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Rundeckの実行ログをpythonから削除する

Contents1 目的2 実行ログとは3 環境4 Step1: pythonコード5 Step2: APIキーの発行6 Step3: pythonコード実行7 まとめ 目的 Rundeckはジョブを …

NETGEAR ReadyNASの設置から初期設定まで

Contents1 目的2 ブツの確認3 NASへのHDD装着3.1 カバー開け3.2 ケースの取り外し3.3 HDD取り付け用カバーの取り外し3.4 カバーをHDDへ装着3.5 ケースへの再挿入4 …

ReadyNASにMySQLをインストール

Contents1 目的2 環境3 Step1 : MySQLサーバープラグインのインストール4 Step2 : MySQL Serverの起動確認5 Step3 : リモートアクセス設定5.1 my …

ReadyNASのMySQLプラグインの文字コード設定

Contents1 目的2 環境3 Step1 : 現状の文字コード確認4 Step2 : my.cnfの変更5 Step3 : 文字コードが変更されていることの確認6 注意点 目的 下記の記事で導入 …

言語切り替え

カテゴリー