ディープラーニング

Windows10にKerasをインストール

投稿日:

概要

Windows10上に構築したpythonの仮想環境上にニューラルネットワークのライブラリであるKerasをインストールしていきます。

環境

  • Windows10
  • python3.8(Anaconda不使用)
  • venvによる仮想環境

以下の記事で作成した環境になります。

Kerasに関する理解

Kerasの公式サイトでは以下の説明がされています。

Kerasは,Pythonで書かれた,TensorFlowまたはCNTKTheano上で実行可能な高水準のニューラルネットワークライブラリです. Kerasは,迅速な実験を可能にすることに重点を置いて開発されました. 

https://keras.io/ja/#keras

私は「バックエンドをTensorFlowとしているニューラルネットワークで使用しやすいAPI」という少々強引な理解をしています。

公式サイトではバックエンドをTnsorFlow, CNTK, Theanoの中でもTensorFlowを推奨している様子でしたのでTensorFlowをインストールしてからKerasをインストールしていきます。

TensorFlowのインストール

公式にあるTensorFlowのpipインストール説明に従ってインストールを行います。個人的に、まずは公式サイトを見てトライする、という姿勢が大事だと思ってます。

pipのアップグレード

pipのアップグレードをしておきます。

  • pip install --upgrade pip

私の環境では20.3.3から21.0.1に上がりました。

TensorFlowのインストール

  • pip install --upgrade tensorflow

以上でTensorFlowの検証は完了です。なお、公式ではインストールの確認として以下のコマンドも載っていました。

  • python -c "import tensorflow as tf;print(tf.reduce_sum(tf.random.normal([1000, 1000])))"

Kerasのインストール

Kerasも公式に従い実施します。といってもTensorFlowをインストールした後にpipするだけです。

  • pip install keras

インストールが完了するとユーザプロファイル配下に.kerasフォルダが作成されます。(フォルダ内にはkeras.jsonが入ってます。)

importして確認

最後にjupyterからkerasをimportして確認します。

  • import keras

以上で終了です。

次回はkerasを実際に使っていろいろと試していきたいと思います。

-ディープラーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

KerasからMNISTを取得して白黒表示するまで

Contents1 概要2 Step1 : MNISTの取得3 Step2 : MNISTを画像で表示4 Step3 : グレースケールで表示する5 参考)コード 概要 ディープラーニングの勉強などで …

【Python】活性化関数を描画する

Contents1 概要2 使用するライブラリ3 ステップ関数4 シグモイド関数5 tahn関数6 ReLu関数7 Leaky ReLu関数8 まとめ9 コード全体 概要 Deep Learningの …

言語切り替え

カテゴリー