Unity

【Unity】 Standard Assetsのダウンロードとインポート

投稿日:2020年7月14日 更新日:

目的

UnityでStandard packageというものがあるらしいが、Assets > Import Packageからは表示されていないので、別途インストールする。

環境

Unity 2019.4.3f1
OS Windows10

Step1 : Asset Storeを開く

画面中央にAsset Storeというタブがあるのでこれを開きます。ただ、開いたもののYou are Currently Offlineというメッセージが現れており、Asset Storeが開きません。

自分のアカウントを認識していない様子だったので右上のAccout > からGo to accountを選択。

すると、以下の画面に飛ばされました。

どうやら、Unityのアカウントを作成した後に届く確認メールからアカウントの有効化をしていなかった様子・・・

再度過去メールを見直し、無事にUnityから届いているメールを発見したので、掲載されているリンクをクリックしてアカウントを有効化しました。
その後、一旦Unityを落として再度起動します。

すると、無事にAsset StoreのサイトがUnity内で表示されました。



Step2 : Standard Assetsのインストール

まず、Unity内のウィンドウではAsset Storeの画面が小さくて見づらいため、右上のボタンからMaximizeを選んで最大化します。

最大化して見やすくなったら、 検索ボックスにstandard assets と入力します。するといくつかAssetの候補が出てきます。プラモデルのパーツみたいなサムネイルのものが所謂Standard Assetです。

見つかったStandard Assetsを選択し、右側にある青ボタンのDownloadをクリックします。

サービス条項が現れますので、確認し、Acceptをクリックします。するとダウンロードが開始します。

ダウンロードが完了すると、先ほどはDownloadだったボタンがImportというボタンに変わりますので、これをクリックします。


するとImport対象とするファイルの一覧が現れます。この中で自分が使用したいファイルを選択した上でImportボタンを押します。

インポートが完了すると左下のProject > Assetsのツリーの中にStandard Assetsが追加されます。これであとは使うだけです。

まとめ

Standard PackageはAssets StoreからImportすることができました。最初にアカウントが認識されていなかったこと以外は特に躓くことなくできました。

-Unity

執筆者:


  1. […] 【Unity】 Standard Packageのインストール […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Unity】Standard Assetsでサクッと人間をキー操作する

Contents1 目的2 環境3 STEP:1 地面(Terrian)の作成4 STEP:2 キャラの設置5 STEP:3 スクリプトのアタッチ6 STEP:4 Inspectorの設定7 STEP …

【Unity】キャラクター操作その7 – ジャンプ時にカメラの向きを変える

Contents1 概要2 完成イメージ2.1 Before2.2 After3 カメラの制御方法3.1 カメラオブジェクトの初期姿勢の取得3.2 小刻みに目標角度まで制御3.3 初期姿勢に戻す 概要 …

UnityでPostProcessManager.cs(425,66): error CS0117: ‘EditorSceneManager’ does not contain a definition for ‘IsGameObjectInMainScenes’が出た時の対処法

Contents1 概要2 環境3 発生状況4 対処方法5 まとめ 概要 UnityのAsset StoreからParticle Packageをダウンロードしてimportしたところ、以下のエラーが …

【Unity】ゲームパッド(F310)とInput Managerとの対応まとめ

Contents1 概要2 まず結論3 どうやって調べたか3.1 使用した設定3.2 使用したスクリプト 概要 Unityでロジクール製のF310でキャラクター操作する際に、F310の各ボタンをInp …

【Unity】Visual Studio モジュールをインストール

Contents1 目的2 環境3 Step1 : UnityHubからVisual Studioモジュールをインストール4 Step2 : UnityでVisual Studioを開発環境として設定 …

言語切り替え

カテゴリー