VScode

VScode でSQL(PostgreSQL)開発環境用意

投稿日:

目的

VScodeでpythonやらSQLやらのコーディング作業を全てできると嬉しい。ということで、VScodeでSQL開発に役立ちそうなプラグインのSQLToolsを導入して触ってみる。

環境

Windows10
VScode v.1.45
Postgres 11.5

Step1 : SQLToolsのインストール

VScodeを立ち上げて、プラグインの検索ボックスにsqltoolsと入力すると、SQLToolsが見つかりますのでInstallをクリックします。

以上でインストールは完了。

Step2 : データベースとの接続

次に、データベースとの接続を行います。サイドバーにデータベースのアイコンが出ていますので、これをクリックし、「Add new connection」を選びます。

すると、ドライバーが見つからないとの表示が出ました。ここで「Search VSCode marketplace」をクリックすると、画面左側にドライバー一覧が現れました。今回はPostgreSQLとの接続を試すため。PostgreSQLのドライバのInstallを実行します。

インストールが完了後に、再度SQLToolsの画面に行くと、Add new connectionの候補としてPostgreSQLが選択できるようになりました。

PostgreSQLのアイコンを選択すると、接続情報を入力する画面が現れますので、接続したいインスタンスの情報を入力し、SAVE CONNECTIONから接続を進めると、接続したPostgreSQLのオブジェクト情報が画面左側に現れるようになります。

以上で、PostgreSQLへの接続は終了です。

Step3 : SQL発行

次にSQLを発行してみます。CONNECTIONSと書かれた場所の右側にSQLと文字の書かれたアイコンがありますので、こちらをクリックすると、新規のSQLファイルがタブとして現れます。

このタブに以下のように適当なSQLを書きます。

select version()

コードを書いたら、F1をボタンを押し、上に現れるコマンドバーにsqlと打ちます。すると、SQLToolsプラグイン関連のコマンドが見つかるはずですので、その中から「SQLTools :Run Current Query」を探し、クリックします。

すると、画面右側に新たにウィンドウが立ち上がり、実行結果が表示されます。

SQL発行も簡単にできました。

まとめ

今回はPostgreSQLに対して接続し、SQL発行を試しましたが、他のDBもドライバをインストールすれば同じように使えそうです。非常に便利に感じました。

-VScode

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

VSCodeでJupytreNotebookを使う

Contents1 目的2 環境3 Step1 : pythonプラグインインストール4 Step2 : JupyterNotebookの立ち上げ5 Step : 3 使ってみる6 まとめ 目的 VS …

【VScode】csvファイルをUTF-8からShift-JISへ変換する方法

Contents1 概要2 よくあること3 原因と対処法3.1 VScodeで開く3.2 文字コード変換4 確認5 まとめ 概要 Windowsでcsvファイルなどを扱う場合についついExcelで開き …

VScodeからOracleを使う

Contents1 目的2 環境3 Oracle Developer Tools for VS Codeのインストール4 Oracleとの接続5 SQL発行してみる6 まとめ 目的 VScodeを使う …

VScode でHTMLプレビュー

Contents1 目的2 環境3 手順4 まとめ 目的 Microsoft VScodeでhtmlを記述している最中にプレビューを見たい。 環境 Windows10VScode Version1.4 …

【VSCode】grep & replace で複数ファイル内の文字列を一発検索&置換

Contents1 概要2 まず結論から3 環境4 検索手順5 置換手順 概要 ソースコードをファイルで管理している限り、影響範囲の調査の問題が付きまといます。あるクラスやメソッドをどこで使用している …

言語切り替え

カテゴリー