VScode

【VSCode】grep & replace で複数ファイル内の文字列を一発検索&置換

投稿日:2021年3月3日 更新日:

概要

ソースコードをファイルで管理している限り、影響範囲の調査の問題が付きまといます。あるクラスやメソッドをどこで使用しているか、改修すべきプログラムはどれか。

そのほかにもcsvファイルなどでデータを保存している場合、複数のファイルの中から該当する文字列を含むデータを探したいというケースもあることでしょう。

上記のようなシチュエーションで一つ一つファイルを開いて中を確認するという行為は、ファイル数が膨大な場合、非現実的になります。最初の方で見つかればいいですが、最後の一個のファイルの中で見つかったなんてことがあるとがっかりします。

さらにファイルを特定した後にその文字列を置換する作業が伴う場合なんでいうのは発狂ものですね。

今回はVSCodeで複数ファイルに含まれる文字列を一発で検索そして置換する方法についてメモしていきたいと思います。

まず結論から

VSCodeで検索対象フォルダを開いてCtrl + Shift + Fを押して検索するだけで該当の文字を含むファイルを検出することができます。

置換したいときは検索窓左側の[ > ]マークをクリックした後に、置換後文字列を入力し、右側のReplace Allを押せば一発で置換できます。

それでは具体的な手順について以下で説明していきます。

環境

Windows10 Home
VSCode 1.53.2

検索手順

File > Open Folder を押します。

検索対象とするフォルダを選択します。

ここでCntrl + Shift +F を押します。

検索窓が出てきますので、ここで検索したい文字列を入力します。

今回は事前にファイル内にVSCodeという文字列を入れておいたので、VSCodeと入力します。

するとそのディレクトリ階層にあるファイルで検索文字列が含まれるものが下側に抽出されます。

右側にそのファイルで見つかった文字列の数も表示してくれます。

置換手順

検索窓の左側の > を押します。

下側に置換の入力窓が現れますので置換後の文字列を入力します。すると下側に置換後のプレビューが表示されます。素晴らしいですね。

置換をコミットする場合は右側のgrep & replaceのボタンを押します。(図の矢印場所) Replaceするか聞かれますので[Replace]を押します。

一旦検索結果から消えます。

再度置換後文字列で検索すると置換されていることが確認できます。

以上

-VScode

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

VSCodeでJupytreNotebookを使う

Contents1 目的2 環境3 Step1 : pythonプラグインインストール4 Step2 : JupyterNotebookの立ち上げ5 Step : 3 使ってみる6 まとめ 目的 VS …

VScodeからOracleを使う

Contents1 目的2 環境3 Oracle Developer Tools for VS Codeのインストール4 Oracleとの接続5 SQL発行してみる6 まとめ 目的 VScodeを使う …

VScode でSQL(PostgreSQL)開発環境用意

Contents1 目的2 環境3 Step1 : SQLToolsのインストール4 Step2 : データベースとの接続5 Step3 : SQL発行6 まとめ 目的 VScodeでpythonやら …

【VScode】Sort linesでテキストの並び替え

Contents1 概要2 Step 1 : Sort linesのインストール3 Step 2 :試しにソート4 Step 3:その他の機能4.1 昇順ソート insentive4.2 降順ソート4 …

VSCodeから外部のJupyterへ接続する

Contents1 目的2 環境3 Step1 : Jupyterのconfig設定4 Step2 : VSCodeからの接続5 Step3 : Jupyterを使用して確認6 まとめ 目的 自端末の …

言語切り替え

カテゴリー