Unity

【Unity】既存のAnimationをRead-Onlyから編集できるようにする

投稿日:2020年9月15日 更新日:

概要

Unityで既存のAnimationをキャラクターにAttachする際、Animationで定義されているPropertyなどがCharacter側にない場合にエラーが出たりしました。
そのため、Animation側で不要なProperty側を削除しようと思ったときに、Read-Onlyで消せなかったため、Read-Onlyを回避してPropertyを削除する方法についてメモします。

環境

Windows10
Unity 2020.1.f1

Read-Onlyになる事象

Standard AssetesのThirdPersonCharacterを例に説明します。

Assets > StandardAssets > Characters > ThirdPersonCharacter > Animationの中のHumanoidIdleを選択してダブルクリックします。

すると、Animationのタブが開き、アニメーションのプロパティが並んでいます。しかしHumanoidIdleの文字の横にRead-Onlyとの表示がり、各プロパティを右クリックしてもRemove Propertyが非活性の状態になって触ることができません。

Read-Onlyを回避する方法

方法としてはコピーを作成して触ります。

まず、編集したいAnimationを選択した状態でCtrl + Dを押します。

すると、Animationのコピーが出来上がります。F2キーで名前の変更が可能です。

コピーしたAnimationをダブルクリックします。

すると、Ready-Onlyの文字が消え、プロパティなども編集可能になります。

オブジェクトにアタッチする場合はこのコピーをアタッチすることで、好きなようにプロパティを編集したAnimationを使うことができます。

以上

Unityを一から学ぶのにおすすめの本はコチラ

-Unity

執筆者:


  1. Anonymous より:

    助かりました!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Unity 】キャラクター(Robot Kyle)の配置

Contents1 概要2 環境3 Step1 : プロジェクトを作る4 Step2: 地面を作る5 Step3 : Robot Kyle AssetをImportする6 Step4 : Robot …

【Unity】 Standard Assetsのダウンロードとインポート

Contents1 目的2 環境3 Step1 : Asset Storeを開く4 Step2 : Standard Assetsのインストール5 まとめ 目的 UnityでStandard pack …

UnityでAnimationEvent ‘Hit’ on animation ‘Attack1’ has no receiver! が出た時の対処

Contents1 概要2 環境3 発生事象4 対処法4.1 Animationのコピー4.2 Hitイベントの削除4.3 再度Gameで確認 概要 Unity Asset StoreでFreeのAn …

【Unity】mixamoのアニメーションが動かない場合の対処

Contents1 概要2 環境3 最初にやったこと3.1 FBXのダウンロード3.2 インポートとRigの設定4 困ったこと5 原因と対処方法6 分かったこと 概要 ハイクオリティな3Dキャラクター …

【Unity】キャラクター操作 – ジャンプ時にカメラの向きを変える

Contents1 概要2 完成イメージ2.1 Before2.2 After3 カメラの制御方法3.1 カメラオブジェクトの初期姿勢の取得3.2 小刻みに目標角度まで制御3.3 初期姿勢に戻す 概要 …

言語切り替え

カテゴリー