Unity

【Unity】既存のAnimationをRead-Onlyから編集できるようにする

投稿日:2020年9月15日 更新日:

概要

Unityで既存のAnimationをキャラクターにAttachする際、Animationで定義されているPropertyなどがCharacter側にない場合にエラーが出たりしました。
そのため、Animation側で不要なProperty側を削除しようと思ったときに、Read-Onlyで消せなかったため、Read-Onlyを回避してPropertyを削除する方法についてメモします。

環境

Windows10
Unity 2020.1.f1

Read-Onlyになる事象

Standard AssetesのThirdPersonCharacterを例に説明します。

Assets > StandardAssets > Characters > ThirdPersonCharacter > Animationの中のHumanoidIdleを選択してダブルクリックします。

すると、Animationのタブが開き、アニメーションのプロパティが並んでいます。しかしHumanoidIdleの文字の横にRead-Onlyとの表示がり、各プロパティを右クリックしてもRemove Propertyが非活性の状態になって触ることができません。

Read-Onlyを回避する方法

方法としてはコピーを作成して触ります。

まず、編集したいAnimationを選択した状態でCtrl + Dを押します。

すると、Animationのコピーが出来上がります。F2キーで名前の変更が可能です。

コピーしたAnimationをダブルクリックします。

すると、Ready-Onlyの文字が消え、プロパティなども編集可能になります。

オブジェクトにアタッチする場合はこのコピーをアタッチすることで、好きなようにプロパティを編集したAnimationを使うことができます。

以上

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Unity】Package ManagerでMy Assetsが取得できないときの対処

Contents1 目的2 環境3 症状4 対処法 目的 Unity のPackage Manager でMy Assetesを取得したり、Unity Asset Storeにうまく繋らない症状が発生 …

UnityでAnimationEvent ‘Hit’ on animation ‘Attack1’ has no receiver! が出た時の対処

Contents1 概要2 環境3 発生事象4 対処法4.1 Animationのコピー4.2 Hitイベントの削除4.3 再度Gameで確認 概要 Unity Asset StoreでFreeのAn …

【Unity】オブジェクトを周回させるスクリプト

Contents1 目的2 環境3 Step1 : 必要AssetのDownload&Import4 Step2 : オブジェクトの配置5 Step3 : 周回スクリプトの作成6 Step4 …

【Unity】 キーボードでキャラクターを操作する

Contents1 概要2 環境3 目的4 Step1 : コンポーネント類の追加4.1 Rigidbodyの追加4.2 Colliderの追加5 Step2 : Main Cameraの設定6 St …

【Unity】OnCollisionEnterで子オブジェクトのTagを認識しない場合の対処法

Contents1 概要2 検証の状況3 結果4 原因と対処法 概要 親子関係を持つオブジェクトの親と子で異なるTagをつけて、子が他のオブジェクトと衝突した場合にタグ検知するとなぜか親のタグしか認識 …

言語切り替え

カテゴリー