Python

Python formatの基本的な使い方

投稿日:

目的

python3系の文字列操作のメソッドであるformatの基本的な使い方について勉強する。

文字列整形

formatの引数に文字列等(intやfloatなども対応)を私、文字列内に{}を埋め込むと、渡した順序で文字列を返す。

>>> a = 'I'
>>> b = 'am'
>>> c = 'a cat.'
>>> print('{} {} {}'.format(a,b,c))
I am a cat.

埋め込む順序を制御したい場合は以下のように引数の順序を記入すればできる。

>>> print('{1} {2} {0}'.format(c,a,b))
I am a cat.

辞書型を使用して整形することもできる。文字列内でキーバリューを指定すれば制御できる。0は一つ目の引数という意味で、仮に引数が複数ある場合は1,2…と指定して同様に呼び出すことができる。

d = {'I':'吾輩','am':'は','a cat':'猫である'}
print('{0[I]} {0[am]} {0[a cat]}'.format(d))

型指定

文字列内に埋め込む際の型指定も可能である。

d : 10進数int
f : 10進数float
x : 16進数
o : 8進数

>>>print('{e:d},{e:f},{e:x},{e:o}'.format(e=10))
10,10.000000,a,12

-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】BeautifulSoupでtableが最初の数行しか取得できない場合の対処

Contents1 概要2 環境3 発生事象3.0.1 実行結果4 対処法 概要 PythonでWebスクレイピングをするときの定番であるBeautifulsoupですが、tableを取得しようとした …

【Python】決定係数と相関係数の計算

Contents1 目的2 決定係数とは?3 Pythonによる決定係数の計算4 相関係数 目的 前回、あるデータXからデータYの関係を単回帰による線形方程式で表すことを行いました。ただし、これはあく …

Python 辞書型の基本

Contents1 目的2 辞書型データの作成3 要素の取り出し4 全キーの取得5 全値の取得6 全キーおよび値の取得7 リスト型から辞書型への変換8 キーの有無確認9 要素の追加10 要素の削除11 …

WindowsのJupyterに外部からアクセスする

Contents1 目的2 環境3 Step1 : パスワードのハッシュ化4 Step 2 : configファイルの設定5 Step3 : Jupyter Notebookの起動6 Step4 : …

Python datetimeの基本的な使い方

Contents1 目的2 基本メソッド2.1 今日の取得2.2 年月日の取り出し2.3 明日の取得2.4 現在日時の取得3 現在時、分、秒、マイクロ秒の取り出し3.1 ISOフォーマットへの変換 目 …

言語切り替え

カテゴリー