Python

Pythonの文字列操作

投稿日:

目的

pythonの文字列操作についてまとめる。

文字列の連結

文字列同士を連結したい場合は + を使用する。

>>> 'test'+'_str'
'test_str'

文字列の抽出

文字列から特定の文字を抽出したい場合は、インデックス0始まりで文字列の位置を指定する。後ろからの位置で指定する場合は -をつける。

>>> x = 'test_str'

>>> x[0]
't'

>>> x[4]
'_'

>>> x[-1]
'r'

文字列の抽出(スライス)

文字列から特定の箇所を抽出する場合は : 区切りで開始と終了を指定する。終了はインデックス-1の位置で返る。終了位置を指定しない場合は最終位置までが返る。また、さらに:区切りして何文字ごとに抽出するかも指定できる。

>>> x = 'test_str'

#インデックス1から2まで抽出
>>> x[1:3]
'es'

#インデックス1以降を抽出
>>> x[1:]
'est_str'

#2文字毎に抽出
>>> x[0::2]
'ts_t'

文字列の繰り返し

文字数を繰り返し連結する場合は*を使用する。

>>> x = 'test_str'
>>> x*4
'test_strtest_strtest_strtest_str'

文字数取得

文字数を取得する場合はlen()を使用する。

>>> len('test_str')
8

文字列の分割

文字列をリストで分割する場合はsplit()を使用する。

>>> x = 'test_str'
>>> x.split('_')
['test', 'str']

文字列の結合

リストの文字列を結合する場合はjoinを使用する。

>>> x_list = ['test', 'str']
>>> '_'.join(x_list)
'test_str'

文字列の置換

特定の文字に置換する場合はreplace()を使用する。

>>> x = 'test_str'
>>> x.replace('_','.') #置換対象が第一引数、#置換後が第二引数
'test.str'

-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】四分位数の計算

Contents1 目的2 データ準備3 四分位数4 四分位偏差5 注意点 目的 これまで、データの平均の考え方とその計算方法について学びました。しかし、データの特性の評価には平均だけでなく、ばらつき …

Python 辞書型の基本

Contents1 目的2 辞書型データの作成3 要素の取り出し4 全キーの取得5 全値の取得6 全キーおよび値の取得7 リスト型から辞書型への変換8 キーの有無確認9 要素の追加10 要素の削除11 …

【Python】銀行口座情報の自動取得

Contents1 目的2 開発環境3 selenium のインストール4 Chrome Driverをインストールする5 Pythonスクリプト6 注意点 目的 銀行口座の預金残高を確認したい。でも …

Python dataframeからMySQLにinsertする

Contents1 目的2 環境3 Step1 : 挿入先テーブル用意4 Step2 : 挿入用データ準備5 Step3 : MySQLへの挿入6 補足 目的 pythonのdataframeはデータ …

【Python】で調和平均と絶対平均計算

Contents1 目的2 調和平均3 絶対平均 目的 前回、一般的に平均として使われる算術平均に加え、○○率の平均などの計算に向いている幾何平均の定義と計算方法について勉強しました。 今回は、さらに …

言語切り替え

カテゴリー