Python

Pythonの文字列操作

投稿日:

目的

pythonの文字列操作についてまとめる。

文字列の連結

文字列同士を連結したい場合は + を使用する。

>>> 'test'+'_str'
'test_str'

文字列の抽出

文字列から特定の文字を抽出したい場合は、インデックス0始まりで文字列の位置を指定する。後ろからの位置で指定する場合は -をつける。

>>> x = 'test_str'

>>> x[0]
't'

>>> x[4]
'_'

>>> x[-1]
'r'

文字列の抽出(スライス)

文字列から特定の箇所を抽出する場合は : 区切りで開始と終了を指定する。終了はインデックス-1の位置で返る。終了位置を指定しない場合は最終位置までが返る。また、さらに:区切りして何文字ごとに抽出するかも指定できる。

>>> x = 'test_str'

#インデックス1から2まで抽出
>>> x[1:3]
'es'

#インデックス1以降を抽出
>>> x[1:]
'est_str'

#2文字毎に抽出
>>> x[0::2]
'ts_t'

文字列の繰り返し

文字数を繰り返し連結する場合は*を使用する。

>>> x = 'test_str'
>>> x*4
'test_strtest_strtest_strtest_str'

文字数取得

文字数を取得する場合はlen()を使用する。

>>> len('test_str')
8

文字列の分割

文字列をリストで分割する場合はsplit()を使用する。

>>> x = 'test_str'
>>> x.split('_')
['test', 'str']

文字列の結合

リストの文字列を結合する場合はjoinを使用する。

>>> x_list = ['test', 'str']
>>> '_'.join(x_list)
'test_str'

文字列の置換

特定の文字に置換する場合はreplace()を使用する。

>>> x = 'test_str'
>>> x.replace('_','.') #置換対象が第一引数、#置換後が第二引数
'test.str'

-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Python】WindowsでPython+JupyterLab環境の構築

Contents1 概要2 環境3 Step1 : Pythonのインストール4 Step2 : 仮想環境(venv)の構築5 Step3 : JupyterLabの構築 概要 PythonとJupy …

Windows10環境のPython3でMeCabを使えるようにするまで

Contents1 概要2 環境3 Step1 : MeCabのインストール4 Step2 : mecab-python3のインストール5 Step3 : 動作確認5.1 もしエラーが出る場合 概要 …

【Python】標準偏差と分散の計算

Contents1 目的2 標準偏差3 Pythonによる標準偏差の計算4 分散 目的 以前の記事で四分位偏差によりデータの分散度の計算を行いましたが、四分位偏差ではデータの代表値である四分位数のみを …

【Python】BeautifulSoupでtableが最初の数行しか取得できない場合の対処

Contents1 概要2 環境3 発生事象3.0.1 実行結果4 対処法 概要 PythonでWebスクレイピングをするときの定番であるBeautifulsoupですが、tableを取得しようとした …

Python datetimeの基本的な使い方

Contents1 目的2 基本メソッド2.1 今日の取得2.2 年月日の取り出し2.3 明日の取得2.4 現在日時の取得3 現在時、分、秒、マイクロ秒の取り出し3.1 ISOフォーマットへの変換 目 …

言語切り替え

カテゴリー