IT Learning

実践形式でITのお勉強

Outlook

Microsoft OutlookにYahoo Japanアカウントが連携できないときの対処法

投稿日:2021年11月9日 更新日:

概要

Microsoft OutlookはGmailやYahoo Jpananアカウントを連携し、メールの統合管理を行うことができます。

ただ、Yahoo Japanアカウントを連携するときにすこし、躓いたところがあったため、手順を紹介していきたいと思います。

検証環境

  • Windows11 21H2
  • Office 2019

Yahooメール側の設定

まず初めにYahooメール側でOutlookからのアクセスを許可する必要があります。

Yahoo Japanへログインしメールボックス画面の右上にある設定アイコンをクリックします。

サイドバーの設定メニューの中に [IMAP/POP/STMPアクセス] を選択し、その中の以下を選択します。

  • Yahoo! JAPAN公式サービス以外からのアクセスも有効にする
  • IMAP [有効にする]
  • SMTP [有効にする]

選択したら、[保存] を押します。

これでYahoo Japan側の設定は完了です。

 

Outlook側の設定

続いてOutlook 側の設定を行っていきます。

Outlookを開き [ファイル] > [アカウントの追加] を選択します。

次にメールアドレスの入力画面が現れるので、連携するYahoo Japanのアドレスを入力します。

次にパスワードを入力し、[接続] を押します。

するとここで、「問題が発生しました」という表示が現れます。

ここで、[アカウント設定の変更] を選択します。

すると、IMAPアカウントの設定画面が表示されます。

ここで、受信メールと送信メールのサーバーがデフォルトでは以下のようになっているはずです。

デフォルト

  • imap.mail.yahoo.com
  • smtp.mail.yahoo.com

ここで、ドメイン名がyahoo.comとなっているのが上記でログオンできなかった原因です。

それを次のように変更します。

変更後

  • imap.mail.yahoo.com
  • smtp.mail.yahoo.com

変更後に [次へ] を選択すると再度パスワードの入力を求められるため、パスワードを入力して、[接続]を押します。

今度はアカウントの追加に成功しました。

まとめ

Yahoo JapanアカウントをOutlookへ連携するにはIMAPとSMTPのメールサーバーアドレスをyahoo.comからyahoo.co.jpと変更する必要がありました。

関連記事

-Outlook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

言語切り替え

カテゴリー