Visual Studio

【Visual Studio Code】快適なCSV編集用プラグインedit csvの使い方

投稿日:

概要

Windowsでcsvを手軽に編集したいときには標準でインストールされているメモ帳を使用することが良くあります。ただし、メモ帳はcsv編集に特化しているわけではないため、行列を意識したような編集をすることは苦手です。Microsoft Officeが使える環境であればExcelを使用するという手もあります。ただし、Excelの場合は文字化けする、保存するとshift-JISになってしまう、など少し余計なことで手間がかかってしまう場合があります。

今回はそんな課題に対するちょうどいいcsvエディタとしてVisual Studio Codeの拡張機能である”edit csv”の使い方について紹介します。

環境

Windows 10 64bit
Visual Studio Code 1.55.0

Step 1 : edit csvのインストール

Visual Studio Code(以下VSCode)を立ち上げプラグインの検索ボックスに”edit csv”と入力し、見つかったedit csvをinstallします。

インストールできました。簡単です。

Step 2 : edit csvで開く

まずはcsvファイルを普通に開きます。VSCodeの左上のFile > Open Fileからcsvを開きます。今回は以下のようなCSVファイルを開きました。

これをedit csvで開くには右上のほうのedit csvボタンをクリックします。

すると以下のように開かれます。

もうこの時点で可視性が上がりまくっており、凄すぎです。

Step 3 : いろんな機能

さらにここから多彩な便利機能を試していきます。

ヘッダ設定

Read optionsの”>”を押すとメニューが出てきますので、Has headerをONにします。

すると、一列目がヘッダー設定されます。

そして、これは コメント行を飛ばしてヘッダ設定してくれています。 
非常に便利です。

また、コメント自体を非表示にしてしまいたい場合はHide commentsをクリックするを非表示になります。

Delimiter設定

Delimiterを設定することで、tsvなどcsv以外の区切り文字に対しても対応しています。Delimiterの横にあるタブマークを押すと、tabが入ります。Defaultではautoで設定してくれるので基本気にしなくても良いので便利です。

Comment設定

コメントマークを自由に設定できます。デフォルトで#です。

QuoteChar

引用符を設定します。デフォルトで”です。

このように引用符の中のカンマを正しく認識してくれました。

Add row

行の追加です。選択した行に対して▲で上に追加、▼で下に追加されます。

Add column

列の追加です。選択した行に対して◀で左に追加、▶で右に追加されます。

Step 4 : 編集後データの保存

編集したcsvファイルは[Apply changes to file and save]をクリックすることで編集後の状態で保存されます。

上記を保存するとこのような形になりました。

まとめ

edit csvはシンプルな操作で直感的に構造を意識した編集ができるため非常に強力です。ぜひお試しください。

-Visual Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Visual Studio】Visual Studio Community 2019のライセンス更新

Contents1 目的2 更新方法 目的 Visual Studio Community 2019を使用して30日を経過したところラインセンス更新の画面が出るようになったため、ライセンス更新手順につ …

言語切り替え

カテゴリー