Metabase

Metabaseでユーザ定義を行う

投稿日:2020年5月1日 更新日:

目的

OSSのBIツールであるMetabaseはビジュアル的にも優れていて、かつPostgreSQLなどのOSSのDBとも相性がいいので、チームメンバーで間でダッシュボードやセルフBIした結果を共有したいこともあると思います。Metabaseはユーザ管理もできるようなので試します。

環境

OS : Windows10
JDK : OpenJDK 13.0.2
Metabase : version 0.33.4

Step1 : 管理者でログイン

Metabaseをインストールした際に作成した最初のアカウントが管理者アカウントとなりますので、まずは管理者アカウントでログインします。

Step2 : 管理者モードに入る

ログイン後に現れるホーム画面の右上に歯車マークがありますのでこれをクリックします。

するとリストが現れるのでその中の「管理者」をクリックします。

するとヘッダーバーが紫色の管理者モードに入ることができます。

Step3 : ユーザの追加

ヘッダーバーのメニューの中の「ユーザー」をクリックします。

すると、インストール時に作成した管理者ユーザーのみが登録されている状態のユーザ管理画面が現れます。ここで右側にある「追加する」をクリックします。

すると、新規ユーザー情報を入力するためのポップアップが現れますので、氏名やメールアドレスなどを埋めます。最下に登録するユーザーを管理者にするかどうかの選択ボタンがありますので、もし管理者グループに入れたければ有効にしておきます。なお、メールアドレスはログインIDとして使用されるので、既に使用されているアドレスは使用できませんので注意してください。

ここで、メールアドレスが有効なものを設定していれば、招待メールが飛ぶようですが、上記の例のように、適当なものを入れた場合は次のような仮パスワードの払い出しが行われるようです。今回はこれを表示してメモしておきます。

Step 4 : ログインして確認

右の歯車マークからサインアウトを押します。

先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、サインインボタンを押します。

無事にログインできることが確認できました。

補足

なお、パスワードを変更したい場合はログイン後に、歯車マークからアカウント設定をクリックし、「パスワード」タブから現在のパスワードを入力した上で新しいパスワードを設定することができます。

以上

-Metabase
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Metabase】初期設定からPostgreSQL接続まで

Contents1 目的2 Step1 : ユーザ登録3 Step2 : PostgreSQL接続4 Step3 : PostgreSQLデータの確認5 まとめ 目的 Metabaseをインストール後 …

Metabaseのアップデート(Raspberry Pi)

Contents1 目的2 環境3 Step1 : 現状のバージョン確認4 Step2 : 最新バージョンのファイル取得5 Step3 : インストール 目的 Raspberry Piにインストールし …

Metabaseで日経225をグラフ表示まで

Contents1 概要2 環境3 Step1 : データソースの取得4 Step2 : データベースへの格納4.1 スキーマの作成4.2 テーブルの作成4.3 データインポート4.4 格納結果5 S …

【Metabase】ダッシュボードの作成

Contents1 概要2 環境3 Step1 : Metabaseの構造を理解する4 Step2 : 質問の作成5 Step3 : ダッシュボードの作成6 まとめ 概要 OSSでおしゃれなBIツール …

MetabaseをWindowsにインストールする

Contents1 目的2 環境3 Step1 : JDKの準備4 Step2 : Metabaseのダウンロード5 Step3 : Metabaseのインストール6 Step4 : Metabase …

言語切り替え

カテゴリー