Unity

【Unity】Visual Studio モジュールをインストール

投稿日:

目的

UnityでC#スクリプトを開発するため、UnityにVisual Studioモジュールを追加するための方法についてメモる

環境

Unity 2019.4.3f1
Windows 10

Step1 : UnityHubからVisual Studioモジュールをインストール

Unity Hubを起動し、インストールを選択し、右上のメニューボタンを押します。

メニューが現れますのでモジュールを加えるを選択します。

追加するモジュールを選択するウィンドウが現れます。
Microsoft Visual Studio Community 2019にチェックを入れて次へをクリック。

エンドユーザライセンス契約を確認の上、チェックを入れて実行をクリックします。

するとインストールが開始されますのでしばらく待ちます。

インストールが完了すると、WindowsメニューにVisual Studioが追加されます。

その後、PCを再起動し、インストールは完了です。

Step2 : UnityでVisual Studioを開発環境として設定

続いて、Unity側でVisual Studioを使用するための設定を行います。

Unityを立ち上げ、Edit > Preferenceを選択します。

External Tools のOpen by file extensionでVisual Studio 2019 (Community)を選択します。

Visual Studioを初めて使用する場合はログインが求められます。今回は「後で行う。」を選択して先へ進みます。

Visual Studioのテーマの選択ができます。好きなものを選びます。

その後、Visual Studioの初期設定が開始されるのでしばらく待ちます。完了後にUnityのスクリプトファイルを右クリックし、Openを選択すると自動的にVisual Studioが開くようになりました。

以上

-Unity

執筆者:


  1. […] 【Unity】Visual Studio モジュールをインストール […]

Visual StudioでMSB8003,C1083が出たので対処 – IT Learning へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Unity】mixamoのアニメーションが動かない場合の対処

Contents1 概要2 環境3 最初にやったこと3.1 FBXのダウンロード3.2 インポートとRigの設定4 困ったこと5 原因と対処方法6 分かったこと 概要 ハイクオリティな3Dキャラクター …

【Unity】衝突時にパーティクルを発生させる

Contents1 目的2 環境3 事前準備4 Step1 : 衝突させるオブジェクトの設置5 Step2 : Sphereへのパーティクル設定6 Step3 : 衝突時にParticleを再生するス …

【Unity】 Standard Assetsのダウンロードとインポート

Contents1 目的2 環境3 Step1 : Asset Storeを開く4 Step2 : Standard Assetsのインストール5 まとめ 目的 UnityでStandard pack …

【Unity】OnCollisionEnterで子オブジェクトのTagを認識しない場合の対処法

Contents1 概要2 検証の状況3 結果4 原因と対処法 概要 親子関係を持つオブジェクトの親と子で異なるTagをつけて、子が他のオブジェクトと衝突した場合にタグ検知するとなぜか親のタグしか認識 …

【Unity】ThirdPersonUserControlの方向転換動作おかしい時の対処

Contents1 事象2 調査3 対処 事象 Standard AssetsのThirdPersonUserControlを使用してEthanを動かすとき、デフォルトの正しい動きは↑↓キーで前進後退 …

言語切り替え

カテゴリー